田舎の家を売る

田舎の家を売る

田舎の使っていない家・土地を持っている(相続した場合)
あなたらどうしますか?

誰も住んでいない家は、傷み早く、
そのままにして置くと維持だけでも、
多額にかかる可能性があります。
しかしながら、
なんとなく売らずにそのままにしてある
ケースは、多いようです。

先祖代々伝わる土地
勝手に売るのは・・・
祖父母の思い出の家なので、
取り壊しにくい。

こういったケースの場合の選択肢は
1.思い切って売却
2.建物を解体し更地に
3.他の人に貸す
4.現状のまま


誰も住んでいない家を持ち続けることのデメリット



★家の維持費費用がかかる(修復、管理・固定資産税など)がかかる
★遠方に住んでいる場合、手入れに行きにくい。
★防犯上の問題あり。

また、11月に成立した法律
空家対策特別措置法(空き家法)
では、「特定空き家」が指定され
空き家の税優遇廃止が検討されています。

早ければ2016年からの実施を目指す。

★今、売ったらいくらで売れるだろうか?
まずは一括査定で、相場をチェックをしてみましょう。
⇒イエウール 一括査定サイト

2.建物を解体し更地に

★固定資産税が上がります。
★解体費用は以外と高いです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。