査定依頼をする前に準備したいこと

家を売る前に準備したいこと

イエウールさんに
査定依頼をする前に準備したいこと

簡単に複数の不動産会社に査定依頼が出来る、
イエウールさんのような
一括査定サイトは、とても便利です。

不動産業者も競合していることは、承知しているので、
査定金額も上昇する傾向があります。

専任媒介契約をいただくことが出来れば、
売り主様からいただく手数料を確保することが出来ます。

買主さんを他の業者さんが探してきても、
手数料を確保しているので、安心して営業活動が出来ます。

スーモやアットホームのサイトへの掲載は、お金が掛かります。
その費用を手数料からいただく目処があるから、
不動産業者は、営業活動が出来るのです。

しかし、手数料は、
成約しなければ、いただくことが出来ません。

専任媒介契約の期間は3か月程度。
延長は出来ますが、反応が悪ければ、
売り主さんは、不動産業者を変えることが出来ます。


家を売る為に調べる事



実際に家を売ることにした時には、
やるべき事、調べる事は、想像以上に多いのです。

出来る限り、家を高く売りたいと考えた場合は
不動産会社の担当者に任せきりと言うわけには行きません。

準備をしっかりと整えて、不動産会社との交渉を行うことが大切です。

下記の内容は、
不動産会社に査定依頼をする前に事前に準備したいことですが、
実際に全て、依頼までに出来たことではありません。
売却の中で、気づいた事もあります。

時間が足らずに出来なかった事もありますし、
全てを実施するのは大変なことです。
成果に結びつかないこともありますが、
少しでも、家を売る時の参考になればと思います。


自宅の資料を調べる



まずは、保管書類の確認です。
権利書・契約書・保証書等の書類を確認します。
出来れば、登記簿謄本で確認します。

土地面積、建物の大きさ、完成年月日
抵当権等の設定内容

火災保険の加入の有無
金融機関からの借入の残高

ここまでは、書類があれば簡単です。

土地の確定測量図と杭の確認



売却する土地は、隣や道路との境界が確定していないと
売ることが難しいです。
測量図や配置図等の資料から、境界杭の有無を確認します。
ブロックの外側にあれば良いですが、
中心にあり、おとなりの方との共有の場合もあります。

境界が曖昧な場合や、測量図が古い場合は、
改めて測量をやり直す場合があります。

自宅を購入した時のポイントを書き出す



自宅を買った当時、
他の物件の比べて、気に入った部分を思い出しながら整理します。

物件売却時のセールスポイントになります。

私は、購入した時のポイントは以下のことを書き出しています。

建築地の選択
・場所の選択
・分譲地内での区画の比較
・その区画を選んだ理由
・その区画の特徴

プラン作成
・プラン作成にあたり
・各部屋のポイン特徴


売却する時、
これがあったから、この家を購入した!!!
と言えるポイントがあった方が良いと思います。
家の中では、
費用を掛けたところと、節約した場所があります。

見栄えを良くしたり、ここが売りの場所があります。
こだわった部分を、訪問者の方、不動産会社の方に
理解していただくのも、必要だと思っています。


売却する理由をしっかり整理する



不動産会社の担当者から、なぜ売却をするのですか??
必ず聞かれます。

内覧時にも、お客様から
売却の理由を聞かれることが多くあります。

色々な理由があり、複合的な判断なのですが、
細かな条件を書き出しながら、
売却の為の理由を整理します。

私の場合は こんな感じで整理しています

子育て世代に人気だったこの地域は、
小学校・中学校への通学は遊歩道が使えました。
近隣公園が近くに多くあり、
友達も多く、生活のしやい環境でした。

入居から14年。
小学生と幼稚園に通っていた子供達が大学生になり
この地域で暮らすメリットが少なくなりました。

遠方の大学に通うことになり、
妻の実家からの通学になりました。
子供達二人と妻は実家住まいがメインになり、
私一人で住む時間が長くなりました。

妻の親も高齢な為、自宅に戻ってくることは、
難しそうなので売却を決断しました。

その後、
二世帯住宅が見つかった為、
その物件を購入して転居しました。


最寄り駅・病院・スーパー・コンビニ等周辺施設の情報整理



生活利便設備は、不動産業者の方が調べてくれますが、
普段使っている施設については、
口コミ情報として、整理しておくと良いです。


賃貸をする場合の条件を確認する調べる



売却だけでなく賃貸する場合の条件を調べて見ます。
インターネットで、周辺の賃貸相場を調べるだけでも大丈夫です

ネットで調べるだけでなく
一括査定サイト 賃貸申し込み

マンション貸す.com
⇒無料査定申込


こちらのサイトで、賃貸の査定を申し込んで見ました。 

利用した時の記事は こちら

売却査定をお願いする時のリハサールとして、
申し込んでも良い思います。
電話でのやり取りが中心でした。

自宅周辺に買ってくれる人がいるか考えて見る



不動産の購入者は、遠方の方の場合もありますが、
近くに住んでいる方の問い合わせも多いです。
徒歩5分くらいの方から、車で15分前後の方の問い合わせが多いです。

遠方の方での、近くに親族が住んでいる場合が多いです。

私の自宅の内覧者は、
徒歩5分の同じ学区に通う家族
徒歩1分のマンションに娘夫婦が住んでいる
車で10分程度の隣り町に住んでいる
兄弟が隣り町に住んでいる

物件周辺に地縁のある方ばかりでした。


自宅を購入してくれる人は、どういう人なのか考えてみる



これが、売却査定依頼前の準備としては、一番大事なところです。

不動産会社の担当者の方も、
査定金額を出す時、販売戦略を語る時、
こんなユーザーがターゲットです。
と、教えてくれます。

逆にこの話が無いまま、査定金額だけを提示するなら、
その不動産会社には、頼まない方が良いです。

売り先が見えていないのに、査定金額は、
売却の実現性が低くなるからです。
ターゲットとする購入層の方が買える予算は
ある程度限らてきます。
その方が買えるラインでアピールしなければ、
問い合わせが入って来ません。


私の場合、
メインターゲットは、
子育て世代。
小学校に上がる前後の方です。
特に学区内にお住まいの方。

二番目が、
子供がいない夫婦の方。
駅近で、2台駐車スペースあり。
ふたりとも、お勤めの方がターゲット。

三番目は、
同居予定のある方、
本格的な二世帯住宅は無理だけど、
親と同居を考えた世帯。
1階洋室と2階4部屋という部屋数から

四番目は、
ある程度高齢の方
資産は残す必要は無く、
定期借地で少ない費用で暮らしたい方


こんな風に、
購入してくれそうな方を考えてみました。

出来るだけ、
購入対象者が多い方が売りやすいし、
値段も高くすることが可能になってきます。


自宅に届いたDM・チラシ等 を確認してみる



実際に売り出し活動をしている情報です。
これは、参考になる情報です。
売値だけでなく、
どんな情報が載っているを確認します。




自宅周辺の不動産価格(土地価格)の推移を調べる



ネットの情報でも良いので調べて起きます。
路線価や公示価格も調べることが出来ます。
出来れば、過去のデータも確認して起きます。

土地価格の推移等は、不動産業者が詳しく調べてくれます。
必要以上に時間を掛ける必要はありません。
まったく知らないで話しをするより、
ある程度のイメージを掴んでいる方が良いと思います。
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|