家を売るのが先?購入が先?

家を売るタイミング

家を売るのが先?購入が先?ア)スレ

家を売却する際に物件を売るのが先
にするのか、新居を先に購入するのか?
どっちらが良いのでしようか?

結論から言うと、
それぞれにデメリット・メリットが
あります。

いずれにしても、大切なのは
スケジュール管理です。

それぞれのメリット・デメリットを
よく理解したうえで順番を
考えて行きたいと思います。

家を先に売り出す場合。

☆メリット
持ち家を先に売るため
先に売却金額が決まるため、
その金額を元に、新しい不動産を
考えることが出来ます。
資金面でのトラブルは最低限に。

★デメリット
家の売却から新居購入・完成
のスケジュールをしっかり管理
しなければならない。
新居完成が不動産の明け渡しの時期
に間に合わないと、
仮住まいを考えなければいけない。
仮住まい費用・引越し費用が余分に。

◎手続きやスケジュール管理等は、
面倒ですが、一番大変な事態になる、
資金面のトラブルが最低限の心配
で済みます。

安全・確実に行い場合にお勧め

購入を先にする場合

☆メリット
仮住まいなどの手配はなく
無駄な出費が抑えられる

引越しも一回で住むため、
手間がかからずスムーズ。

★デメリット
家が売れない場合、
資金が確保できない。

売却資金が確保できないため、
ある程度の貯蓄が必要。
家や土地が売れるまでの間
その間は、税金を払う必要あり。

◎手間は少いし、無駄な費用は掛かりません。
現実には、欲しい物件が先あり、それから
家を売ることを考えることが多いと思います。

家を売る理由の中に、
家族構成の変化や、
現住居への不便差もあると思います。

それを、解決するために
住み替えを行うのですから、
タイミングと決段はしっかり行いたい
ですね。


解決策とご提案

理想は、先に売却して、
新居に引越してから、
家の引渡しを行うことです。

家を売って得る代金分と
同じだけ、自己資金を持っていれば
スケジュールも含めて余裕を持って行動出来ます。

でも、現実的には、資金面でかなり厳しいです。

そんな時、便利なのが一括査定サイトです。
⇒イエウール 一括査定サイト

複数の会社から、査定金額をもらうことが出来ます。
高い金額も低い金額もあると思います。

高く売りたいですが、低い金額の査定にも根拠が
しっかりあれば、
その低い金額では、売れる可能性が高い訳で、

その低い金額を基準に、新しい物件を探せば良いことになります。

低い金額を見て、がっかりするのではなく、
低い金額こそ、自分が贔屓目で見ている金額と
現実の金額の差なのかも知れません。

良い想定も、悪い想定もしっかり見て聞いて
理解して、
良い、住み替えを実践して下さい。









|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|