古い家を売る

古い家を売る

古くなったので、住み替えたい、建て替えたい。
古い家を売るケースは、今後とも、増え続けます。

実際に売却しやいのか?

購入する方は、
新たに家を購入して、住み続けるので、
購入される方の年齢、家族構成によって、
築年数への許容度は変わってきます。

私は、中古住宅を購入しました。
51歳の時です。
そのまま、住み続けると考えても、
新築住宅である必要は無いと考えました。

構造のしっかりとした、中古住宅で充分
考えたからです。

築20年を超えた古い家の場合。
売却された、状態のまま
住み続ける方は少ないと思います。

リフォーム、リノベーション。
場合によっては、建替る目的で購入される方もいます。

不動産会社ら査定をお願いする時は、
明確に、土地の値段と建物・附属設備の値段を
分けて提示してもらうこをお勧めします。

土地以外の評価額があるのか。
解体費用が係るからマイナス要素になるのか。
リフォーム、リノベーションの費用を
考慮した金額になるのか。

この辺りの説明は、充分受けた方が良いと思います。


売却について考える時、
古い家を売る場合は、
どんな人が買ってくれるのか。
どのような条件、希望を持った人が
購入対象者になるのか??

不動産会社を選ぶ場合、
購入対象者を真剣に考えてくれているのか。
この話をしっかり聞いてから、売却をお願いしても良いと思います。



|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|