住宅ローン 家を売る

住宅ローン 家を売る

住宅ローンが残っている家を売却する方法

住宅ローンは長期に渡って返済が続くので、
その間に家を売却する理由が
生じる事があります。

その場合、残っているローンはどうすればよいのか。
そもそも、
ローンが残っている家を
売却することは可能でしょうか?

住宅ローンが残っていても、
家を売ることは、問題ありません。

但し、「売却完了時に、住宅ローン全額
を一括返済することが条件」です。

売却時に一括で返済する方法

1.手持ちのお金で一括返済
2.売却代金を使って一括返済
3.売却代金+不足分を足して一括返済

1の方が出来るが一番ですが、
現実はそれほど多くありません。
2番が現実的には、一番多いのです。

3番ので不足分を足すと場合
金銭的余裕があれば良いのですが、
現実問題としてかなり厳しい対応になります。


任意売却なら「不足分の用意」が不要
一般的な不動産売却は、
住宅ローンの残額を一括返済
しなければいけませんが、
任意売却という特別な売却方法なら、
住宅ローンを一括返済しなくても
不動産を売却することが可能です。

住宅ローン 家を売る 離婚
住宅ローン 家を売る 離婚 離婚で住宅ローンが残っている家を売る 離婚するとき家を売れる場合、売れない場合 家を売ったお金で住宅ローンの残債を 全て返せる方は問題なく家を売れます。 売ったお金だけで足りなくても、 無理の無い範囲
住宅ローン 家を売る 任意売却
住宅ローン 家を売る 任意売却 売却可能な価格で不動産を売却し、 返済できるだけの金銭を銀行に返します。 これが任意売却です。 残ったローンの処理は、 ご自身のご都合に合わせて処理 返済しきれなかった住宅ローンは? 返済できなかった部